トップページへ戻る > 食事中の水に注意

食事中の水に注意

食事をしながら、水を飲むと食べ物をよく噛むことなく飲み込むことになります。食べ物は口にいれて、噛み、唾液とまざることで消化されていくものです。水を飲んでしまうと流し込んでしまうことにもなりますから、胃に負担を掛けてしまうことになります。

食事の際には、水を飲まないようにして、食事に集中をするようにしましょう。食事が終わってからの水分の補給はしても構いません。人間には、唾液を出すことで胃を守っています。噛む回数を増やすことで唾液の量も増えてきますから、水を飲まなくても食事をすることができることでしょう。水を飲むタイミングを間違ってしまうとマイナスに働くこともあるので、注意をして食事をするようにしましょう。

関連エントリー

Copyright © 2010 天然水ウォーターサーバー@福井県. All rights reserved